FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JOGAのガチャ自主規制について考える

もう噂にはなってると思いますが、JOGA「日本オンラインゲーム協会」が有料ガチャに関して
4/1から施行されるガイドラインの改正を発表しました。

朝日新聞: 「ガチャ」課金、上限5万円に 業界団体が自主規制へ

ガイドラインの原文はこちら


当然、NCJapanもNOGAに加盟している正会員企業の1つでありますから、本ガイドラインに遵守してくる事が予想されます。
ここでポイントなのが、施行が4/1からなので、現在開催中のガチャ期間と被ります。
と言う事は、現在行われているガチャは本ガイドラインに遵守されているのか?
それとも、4/1のガイドライン施行のタイミングで設定や表記の変更が行われるのか?

まぁ、それはいいでしょうw

気になるのは、上限5万という文字です。
改定されるガイドラインの内容を確認してみましょう。



3. 有料ガチャの設定に関する事項
(1)有料ガチャにおいてガチャレアアイテムを提供する場合、以下のいずれかを遵守するものとする。

□ a. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(その設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の 100 倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率を表示する。

□ b. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は 50,000 円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額を表示する

□ c. ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。

□ d. ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。




というものです。



今までのガチャで提供割合が表示された事はありません。
今後も、提供割合が表示されない場合、 c. と d. ではないと言う事が分かります。

つまり、リネージュ2のガチャは a. か b. のガイドラインの内容に遵守している事が考えられます。
また、a. b. であった場合でも、推定金額や倍率、提供割合などの表記がない場合は次の事が考えられます。




ガイドライン 3項1節の a.に遵守している

□ a. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(その設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の 100 倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率を表示する。


これに遵守しており、かつ推定金額や倍率の表記がない場合は、

いずれかのガチャレアアイテムの取得確立は1/100である

といえます。
つまり、

1%未満の取得確立のアイテムがある場合、それは確立表記を行わなければならない

わけです。

で、今月のガチャですが、Aランクが15種類ありますよね?(ライブサーバー)
各Aランクアイテム取得率が個々に1%以上あると仮定すると、Aランクの出現確立は15%以上あると言えます。
100回やれば15個はAランクが出るってことでよいのかな?
人柱報告をお待ちしています==;



ガイドライン 3項1節の b.に遵守している

□ b. いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの
推定金額の上限は 50,000 円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額を表示する


この場合、a. に遵守した場合よりもAランクの確立が落ちる事になります。
リネージュ2のガチャは1回400円なので

50,000÷400=125回

つまり、

いずれかのガチャレアアイテムの取得確立は1/125

と考える事ができます。

つまり、b. に遵守しており、獲得にかかる推定金額の表記がない場合の取得確立は
最も低い場合でも、0.8%

今回のガチャは、Aランクだけで15種類あるため、個々のアイテムが0.8%の取得率であった場合
Aランクの出現確率は12%以上あると言えます。
100回やれば12個はAランクがでるのが最低条件というわけですね。




つまり、確立表記や倍率、割合の明確な表記がない場合
最も取得率の低いアイテムの出現率は0.8%であるといえるわけです。(リネ2ライブガチャの場合)
もし、100回やってAが12個未満だったりしたら、ガイドライン違反を疑われても仕方ないと言えます。

ただ、注意して欲しいのは本ガイドラインの施行が4/1からだと言う事です。


で、疑問に思うのはクラシックのガチャねw
あっちのガチャはAランクが32種類あるんだけどwww





焦点は「いずれかのレアアイテム」の範囲だとは思う
Aランクのどれかが上記の確立ででればOKというのであれば
個々のアイテムの確立が0.8%未満だろうと問題なくなるので

ここ違うんじゃね?みたいなのあればコメントお願いします。

コメント

そもそも確率の計算がまちがってるのでは・・・

No title

そうですねw

確率1%というのは100回試行したら1回必ず当たりという訳じゃないよ。1回目でいきなり当たりという可能性がある代わり100回連続外れもありうる。1回目で当たりの可能性は1%つまり外れの可能性が99%だ。2回連続外れの可能性は99%×99%、3回連続外れなら99%×99%×99%となる。100回連続外れは99%つまり0.99の100乗。ざっと3人に1人は100回連続外れを引く確率になる。明日「5万円ガチャ引いたのに当たりがでない」とか騒ぐ人が大勢いそうだけど、ガイドラインには課金推定金額の上限5万円と書かれているだけで課金の上限5万円とは書かれていないよ。課金額上限5万円って朝日新聞の誤報だし。訂正出さない朝日新聞も(ガイドライン出した日本オンラインゲーム協会は報道がおかしいとコメント出してる)酷いが、おかしいと誰も気づかないで「課金額上限5万円」って拡散しちゃうのもなぁ。

 

>カサンドラさん
おっしゃるとおりですね。
各メディアの課金上限5万という表記には悪意を感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。